4/21(土) 愛知県:実践形式で学ぶ 目標設定と介入計画の「あり方」セミナーのご案内

今回、実践形式で学ぶ 目標設定と介入計画の「あり方」をテーマにお伝えしていきます。

臨床や日常生活において、「目標設定」と「介入計画」を立てる場面は非常に多いと思います。

 

このような「悩み」を持った方はいませんか?

 目標設定の「方法」が分からない

 目標を決めるが「達成できない

 相手と「目標共有」ができていない

 行動を起こすのに「時間がかかる

 行動を起こすが「結果が出ない

このような悩みに対して、

具体的な経験談や事例を用いながら理解を深め、

実践的に目標設定・介入計画の「やり方」と「あり方」を学んでいきます。

 

【詳細内容】

1.目標設定のあり方

目標設定を行う際には、具体的な「数値目標」や「期日」といった客観的な指標が大切とされています。

加えて、重要なのが「意識の注意点」と「行動力」、「共有化」です。

今回は、脳科学・心理学・潜在意識などの視点から、目標設定に必要な「考え方」についてお伝えします。

 

2.介入計画のあり方

最終的な目標設定が行えても、そこまでの計画性がなければ達成することが難しくなります。

その際、ゴールに向かうまでの「分析力」や「フィードバック」、「継続力」が大切となってきます。

計画を立てて行動し、成果を上げるために必要な「考え方」についてお伝えしていきます。

 

3.実践的に学ぶ目標設定・介入計画のやり方

目標設定・介入計画に必要な「考え方」について学んだ後は、具体的に行動を起こすことが大切です。

今回は、机上の話にとどまらず、あらゆる事例を使いながら「実践形式」で方法を学んでいきます。

セミナー内で具体的な目標と計画を練って、明日からの「仕事」・「生活」に生かしていきます。

 

 

講師:濱田 聖矢(はまだ まさや:通称 はまやん)

 平成1年12月8日生まれ   出身地:高知県高知市

 好きな言葉:「自由の裏には責任がある」

理学療法士|フィジカルコーディネーター

Nextep labo代表|暮らしに寄り添う整体 はまだや

Spine Dynamics アドバンスコース修了|BiNI GROWING修了|アレルギーセラピストコース Basic修了

体感アナトミー修了|臨床の強化書 0期生卒業|わもん黒帯初段

高知県の急性期病院で運動器疾患を中心に、循環器・呼吸器・神経系疾患のリハビリを経験。

また、回復期病院で術後の外傷・退行変性疾患のリハビリに携わり、神経科学・心理学・潜在意識・内臓などの幅広い視点で臨床を展開している。

現在は、「暮らしに寄り添う整体 はまだや」で自費診療での施術を高知県で行なっている。

また、「Nextep labo」の代表を務め、「臨床のあり方」をテーマに県内・外で積極的にセミナー活動を行っており、若手セラピストや学生教育に魂を燃やしている。

 

開催概要

下記の概要を確認し、お申し込み時はお間違いのないようにご注意下さい。

 日時:2018年4月21日(土) 13時~16時半

 場所:中央生涯学習センター 406研修室(愛知県刈谷市)

 人数:15名(PT・OT・ST、その他医療従事者、それ以外の職種)

 金額:3000円(当日、会場支払い)

 

セミナーへのお申し込みは、下記フォームより必要事項を記載してお申込み下さい。

所属先 (必須)
 都道府県
 施設名

職種 (必須)

経験年数 (必須)

セラピスト向け無料LINE@

 

The following two tabs change content below.

濱田 聖矢(はまやん)

フリーランス理学療法士! 「Nextep(次なる1歩を踏み出す)」をテーマに、各地で講演を行いながら、高知での自費の整体サロンを運営中。 高知の働く人の健康を育てることを中心に、女性が働く社会の実現を模索中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランス理学療法士! 「Nextep(次なる1歩を踏み出す)」をテーマに、各地で講演を行いながら、高知での自費の整体サロンを運営中。 高知の働く人の健康を育てることを中心に、女性が働く社会の実現を模索中。