4/29 山陰地方 鳥取県 実践形式で学ぶ 臨床推論・評価の「あり方」セミナーのご案内

今回、実践形式で学ぶ 臨床推論・評価の「あり方」をテーマにお伝えしていきます。

主な内容として、

1.臨床推論を立てる上での心構え

多くの知識・技術を学んでも、クライアントの求める結果を出すためには適切な評価が必要です。その評価を行うために、「疑問」や「気づき」を持つことが大切です。

疑問や気づきを持つために必要な「考え方」や「習慣作り」を実践していきます。

 

2.臨床推論の立て方と注意点

一般的にトップダウン・ボトムアップ、演繹法・帰納法など様々な考え方がありますが、大前提として自分の「思考の癖」を知ることが大切です。

思考の癖に配慮し、状況に応じた具体的な「仮説の立て方」を学んでいきます。

 

3.実践的な評価方法と結果の解釈を学ぶ

具体的な治療計画を立てるには仮説の「立案」・「検証」が大切であり、仮説に基づく評価から得られた結果の解釈が重要となってきます。

今回は、「抽象度」・「時系列」・「相互関係」について実践を通して身に着けていきます。

 

講師

 

 

 

 

 

濱田 聖矢(はまだ まさや:通称 はまやん)

理学療法士|フィジカルコーディネーター

Nextep labo代表|暮らしに寄り添う整体 はまだや

Spine Dynamics アドバンスコース修了|BiNI GROWING修了|アレルギーセラピストコース Basic修了

体感アナトミー修了|臨床の強化書 0期生卒業|わもん黒帯初段

高知県の急性期病院で運動器疾患を中心に、循環器・呼吸器・神経系疾患のリハビリを経験。

また、回復期病院で術後の外傷・退行変性疾患のリハビリに携わり、神経科学・心理学・潜在意識・内臓などの幅広い視点で臨床を展開している。

現在は、「暮らしに寄り添う整体 はまだや」で自費診療での施術を高知県で行なっている。

また、「Nextep labo」の代表を務め、「臨床のあり方」をテーマに県内・外で積極的にセミナー活動を行っており、若手セラピストや学生教育に魂を燃やしている。

 

開催概要

下記の概要を確認し、お申し込み時はお間違いのないようにご注意下さい。

● 日時:2018年4月29日 10:00~16:00

● 場所:鳥取県立武道館 第2研修室

● 人数:30名(先着順)

● 金額:5000円

セミナーへのお申し込みは、下記フォームより必要事項を記載してお申込み下さい。

所属先 (必須)
 都道府県
 施設名

職種 (必須)

経験年数 (必須)

The following two tabs change content below.

濱田 聖矢(はまやん)

フリーランス理学療法士! 「Nextep(次なる1歩を踏み出す)」をテーマに、各地で講演を行いながら、高知での自費の整体サロンを運営中。 高知の働く人の健康を育てることを中心に、女性が働く社会の実現を模索中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランス理学療法士! 「Nextep(次なる1歩を踏み出す)」をテーマに、各地で講演を行いながら、高知での自費の整体サロンを運営中。 高知の働く人の健康を育てることを中心に、女性が働く社会の実現を模索中。